イギリスで働くには イギリス転職

イギリスで働くには?

イギリスで働くにはいくつか道があります。

 

  • 日本企業からの駐在員としてイギリスに滞在 → フルワークパーミットの取得
  • 現地のイギリス企業へ転職 → フルワークパーミットの取得
  • 学生ビザ、ワーキングホリデービザ取得 → アルバイトなどでの就労が可能
  • イギリスの大学を卒業 → 1年間の労働ができ、フルワークパーミットの取得が可能

 

それぞれのビザの取得に関してはイギリスの政府サイトを参考にされるとよいでしょう。ビザの制度は大きく変わりやすく最新情報をチェックされることをお勧めします。

 

当サイトは日本国内で1年以上の就労実績があり、これから転職してイギリスで働くことを考えている方にナビをしているサイトですので、すでに社会人のかたにお伝えしていきたいと思います。まず、ビザの取得に関しては転職した先の企業と協力して申請を進めていくことになりますので、被雇用者はそれほど気にすることはありません。

 

イギリスで働くには、希望するキャリアで検討

海外で働く日本人ビジネスマンにとってイギリスという国はEUでも人気のエリアとなっているようです。イギリスの現地企業に転職したいと思う方もいれば、日本企業からの駐在員としてのキャリアを目指す方もいます。基本的には「自国の雇用を守る制度」があるため、日本人が転職してイギリス企業で働くのは一定のハードルがあります。それよりもイギリスに進出している日本企業や、日系の資本が入った会社の駐在員としての求人を探して転職活動をしていくことが近道となります。

 

駐在員としてイギリスで働くには

管理職やスペシャリストであるとか、あるいは既に社会人経験があり、同一職種・業種であれば就労ビザが降りやすいこともあります。イギリスで駐在員として働いてほしいという求人を出している日系企業を探していくことです。この場合は国内で転職活動ができ、とくに人材紹介会社に登録してすすめていくとスムーズに進められます。オススメは「Recruit agent」。リクルート社の1サービスで無料で使うことができる海外転職者向けの特別なサービスです。イギリスで働く求人を探している旨を伝えればマッチする求人を提案してもらえます。駐在員としての職務は数年のちに帰国あるいは、再度他の国に赴任していくことも想定していなければいけませんが、日本と同じ給料+手当も出るので、ライフスタイルにはゆとりがあると思います。
http://r-agent.com/

 

 

イギリス企業で働くには

先ほども書きましたが「自国の雇用を守る制度」があるため日本人向けの求人はなかなか出ていません。求人を探すとしたら現地人と同じような方法にて探していくことになります。特に重要なのが人脈や紹介ですね。それから現地のコミュニティや、最近はネット上のコミュニティなども探していくことも重要になってきます。人脈がない場合には人材紹介会社へ登録してイギリス転職が可能な求人を探してもらうのが可能性が広がります。オススメは「JAC Recruitment」というイギリス発のサイトですが残念ながら日本国内では利用できません。UKのJACに登録して面談をすれば利用できます。現地企業が日本人を必要としている職種というと、やはり日本語を使う仕事であるとか、日本人・日本企業に対応したい会社ということになります。

 

ひとそれぞれ目的と価値観があるので、どちらかのパターン、あるいはどちらのパターンでも求人を探していく事になるでしょう。日本人が海外転職を実行するとなるとかなりのパワーを使うと思いますが自分らしく生きるために、夢を叶えるために妥協の無いようにすすめていってほしいと願っています。